カツマルくんJBCへの道

2016年のJBCは川崎競馬場にて開催!JBCに向けて様々な情報をお届けします。ハッシュタグは#2016JBC川崎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジョッキーに聞く川崎JBC攻略ポイント~増田充宏騎手~

JBC川崎まで、あと8日。


161026カウントダウン8よみうりランドチーム

本日のカウントダウンにはよみうりランドチーム(川口さん、荒川さん、飯田さん、渡辺さん、高橋さん)が登場してくれました!
よみうりランドは川崎競馬場の施設会社ですが、次々とあふれるアイデアで川崎競馬の新たな楽しみ方をアプローチしています。
ロジータビールもそのひとつです。


161026カウントダウン8プラチナグロース&堀厩務員

そして、JBCスプリント出走予定プラチナグロース&堀厩務員もカウントダウン!
東京盃3着の底力をJBCでも発揮してほしいですね。


※画像をクリックすると大きくなります。



JBCの舞台となる川崎コース。
コースを熟知した川崎ジョッキーズに攻略ポイントを語ってもらう第12回は増田充宏(ますだ・みつひろ)騎手。

161025増田充宏騎手4

増田充宏騎手の成績など詳細はこちら


ホンワカした優しい笑顔が増田騎手のトレードマーク。
2002年の騎手デビューから、14年が過ぎた今でも変わりません。

デビューを目前にした頃、調教中に急に馬が立ち上がって下敷きになり股関節がずれてしまうケガを負い、同期とは二ヶ月遅れの騎手デビューでした。

「振り返ってみるとケガとの戦いでした。膝骨折もあったし、肋骨を折った時には肺まで傷ついてしまった。スタート直後の落馬で肘に穴があいたり、痛いと思ったらあとで尾骨骨折が判明したり。大丈夫だとすぐに乗ったら、また痛めて休む羽目になったりもしました」と騎手という職業は常に危険と背中合わせ。
つい先日も調教中に落馬して脳しんとうを起こし救急車で運ばれたばかり。馬に蹴られながらもたんこぶで済んだのが幸いでした。

その一方で、勝利を手にしたときの喜びは勝負の世界に生きる者にしか味わえない格別なもの。
今年は地元川崎ですでに20勝を挙げ、山崎騎手、今野騎手、酒井騎手に次ぐ川崎所属騎手では第4位と大きく飛躍。

161025増田充宏騎手2

「僕が好調というより、レースで勝てる馬に乗せてもらえているという現状なので、感謝しかありません。昔は勝ちたい勝ちたいと気持ちだけが先走ってしまっていたんですが、その頃に比べたら周囲を見て落ち着いて乗れるようになったかなというのはあります。年末までこの状況を維持したいですね。そして、できればもっと上を目指していきたい。昨年を上回る勝ち鞍が今年の目標だったんですが、それがクリアできたんで、年間30勝を目指しています」と目標達成は当確。
昨年の年間18勝から、今年は早くも29勝(10月25日現在)を挙げています。

ようやく軌道に乗った増田騎手。
師匠である照沼一二調教師が5年前に引退して、兄デシにあたる佐々木仁厩舎へと移籍したのがターニングポイント。

「照沼先生からはたくさん乗せてもらいましたし、レース終わるごとに、ここは良かった、ここは悪かったと細かく指導してくれました。なかなかその期待に応えられなくて申し訳ない気持ちです。
デビューした頃から、カネショウアトラスやカネショウマリノス、カネショウローレルなどオープン馬にも調教から乗せてくれたので、馬の背中を勉強するチャンスを与えてもらいました」

亡き師匠の教えが、今こうして増田騎手の活躍のが土台になっているのでしょう。

161025増田充宏騎手3

「川崎コースはコーナーがきついので、そこを気をつけつつ、直線はある程度長いぶん差しでも届くし、逃げ馬もうまく乗れば残る馬場。ペースを読んで対応すること。オーバーペースにならないように気をつけています。
逃げはだいぶうまくなったと思うんですけど、もっと差し馬で結果を出せるようになりたいですね。逃げ馬の方が馬の能力が出しやすいですが、ステップアップするには差し馬にうまく乗れるようにならないといけませんね」。

増田騎手がステップアップする鍵は〝差し馬〟にあるようです。


JBCの距離を攻略するには?

「1400mは内枠の先行馬が有利。JBCスプリントを使って来る馬たちはそうではないでしょうが、ペースが速くなりすぎると止まってしまう馬もいます。コーナーでふくれる馬も出がちですが、先行馬狙いで良いと思います

マイルは最初のコーナーまでの距離が長いので比較的ゆっくりと流れます。
平均ペースになることが多いですね。

2100mはコーナーを6回まわることになりますが、1周目はペースがゆっくりで、2周目になると急に速くなる。そこでついていけない馬は厳しい。スタミナと瞬発力の両方がないと結果は出せません」。


東京記念でも増田騎手が騎乗したドレミファドンは現在JBCクラシックの補欠4番目。
本日のカウントダウンにも登場した東京盃3着馬プラチナグロースの調教をつけているのも増田騎手です。

「プラチナグロースには休み明けの時から調教に乗っているんですが、とにかくビビリ。毎日のように物見がすごくて、いつ落とされるかヒヤヒヤしながら乗っています(笑)
東京盃の時も調子を上げていたので良いレースをしてくれると期待していましたが、一瞬勝つんじゃないかと思わせる場面もあって、力をつけているのを感じます。東京盃のあと、少し疲れもありましたがすぐに戻って、良い状態でJBCスプリントを走ってくれると思います」と万全に仕上げてJBCスプリントへと送り出します。

   
スポンサーサイト
  1. 2016/10/26(水) 10:00:00|
  2. JBC攻略法

プロフィール

カツマルくん

Author:カツマルくん
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

【第16回JBC競走】
開催日 : 2016年11月3日(祝・木)
開催場 : 川崎競馬場
競走概要 : 昼間開催
JBCクラシック(2,100m)
JBCスプリント(1,400m)
JBCレディスクラシック(1,600m)

関連リンク



■JBC特設サイト■


■川崎競馬公式サイト■


■川崎競馬倶楽部■


■JBC競走Facebook■


■楽天競馬Facebook■  


■カツマルくんFacebook■


■カツマルくんTwitter■

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カツマルくん (16)
JBC出走予定馬 (1)
JBCへの道 (52)
ピックアップJBC (8)
JBC攻略法 (15)
川崎競馬の楽しみ方 (19)
過去のJBC (5)
川崎競馬グルメ (15)
愛しの誘導馬 (11)
あなたのJBCストーリー (4)
Jの栄冠 (3)
スペシャル (6)
JBC関連イベント (23)
JBC開催のお知らせ (8)
その他 (0)
JBC川崎のまとめ (7)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。