カツマルくんJBCへの道

2016年のJBCは川崎競馬場にて開催!JBCに向けて様々な情報をお届けします。ハッシュタグは#2016JBC川崎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【JBC川崎のまとめ】 第16回JBCクラシック(JpnⅠ)

JBC3競走のトリを飾るのは、JBCクラシック(JpnⅠ)。
ダート界のトップホースが集う頂上決戦は、スプリントと共に今年で16回目を迎えます。

 誘導馬_1.jpg 誘導馬_2.jpg

 JRA6頭、南関東4頭、笠松1頭、高知3頭のフルゲートで行われたレースは、2:15:3のタイムでアウォーディー(JRA)が優勝!ダートに転向後、無傷の6連勝で初のJpnⅠタイトルを手にしました。

 ホッコータルマエが好スタートを見せるも、先手を主張したのはサミットストーン。大きく縦長となった展開で1周目のゴール前を通過し、向正面へと向かいます。

 レース 1_5_1 果敢に先行するサミットストーン

 向正面に入ってからもサミットストーンがレースを引っ張りますが、JRA勢が早々と並びかけ、苦しい展開に。4コーナーを回るころには、JRA勢が先行集団を形成し、勝負は最後の直線へ。

 直線に入ると、粘るホッコータルマエとピタリとつけたアウォーディー、直後につけたコパノリッキーの争いとなりますが、コパンリッキーは直線半ばで置かれ、勝負の行方は2頭に絞られます。最後は、粘るホッコータルマエを捕えたアウォーディーが、JBCクラシックを制しました。

 レース 2_4_1 レース 2_4_2

 第16回JBCクラシック(JpnⅠ) 結果

 表彰式:武豊騎手 1_1 武豊騎手は、これでJBCクラシックは8勝目

 表彰式:松永幹夫調教師_1 管理する松永幹夫調教師

 表彰式:佐々木竹見さん_1 プレゼンターは、地方競馬の至宝、佐々木竹見さん

 無傷の6連勝で頂点に立ったアウォーディー。今後のさらなる活躍が期待されます。
関係者のみなさま、おめでとうございます。

 口取り 表彰式:賞金授与_1 表彰式:記念撮影_2_1

                            





アウォーディー[牡6] JRA栗東 松永 幹夫 厩舎

 父:Jungle Pocket 母:Heavenly Romance(母の父:Sunday Silence)
 生産者:North Hills Management(アメリカ)
 馬主:前田 幸治 氏
 通算成績:32戦10勝(2016年11月3日現在)

■レース後のコメント

・幸英明騎手(ホッコータルマエ 2着)

「叩いて良くなっていたんですが、いけるならいこうと思いましたが、速い馬に行かれ、直線で手前がなかなか替わらなかったのも影響したと思います」


・大野拓弥騎手(サウンドトゥルー 3着)

「一度使ったぶん良くなっていましたし、川崎コースでもよく伸びてくれました。これからもっと良くなるはずです」


・C・ルメール騎手(ノンコノユメ 4着)

「流れに乗ることはできたが休み明けだったし、コンディションはまだ良くなると思う」


・田辺裕信騎手(コパノリッキー 5着)

「距離の影響があったのかもしれない。外を回りましたが、勝った馬はさらに外を回って伸びましたから・・」


・深野塁調教師(インフォーマー 9着)

 「状態は良かったし、流れが速くなってもよく我慢してた。距離にも対応して、思ったよりもいいレースをしてくれた」


・藤井勘一郎騎手(クリソライト 11着)

 「スピードがトップクラスの馬相手に、外枠から前方の位置を取りに行くのは厳しかったです。道中、グッとハミを取りに行くことがあって、そのまま行かせましたが、気づいたらもう向こう正面で、外から有力馬が競りかけてきていた。リズムが崩れ、展開的にも厳しい内容でしたし、外から被されたらもう気が抜けたようになっていた。非常に悔しいです」

 
画像協力(レース3枚目、口取り):若松 亮太 様
  
    
  1. 2016/11/08(火) 11:00:00|
  2. JBC川崎のまとめ

【JBC川崎のまとめ】 第16回JBCスプリント(JpnⅠ) 

JBC3競走の2戦目は、ダートのスプリント王の座を競うJBCスプリント(JpnⅠ)。

 誘導馬 1 誘導馬 2 誘導馬も3頭で登場

 JRA5頭、南関東5頭、北海道、岩手からそれぞれ1頭の12頭立てで行われたレースは、3番人気のダノンレジェンド(JRA)が1:27:2のタイムで優勝。

 内枠を利してソルテとの先行争いを制し、ハナに立ったダノンレジェンド。向正面に入ると、後続との差を広げ、軽快に逃げます。3~4コーナーで後続が差を詰めにかかりますが、直線に入ると、追い上げてきたベストウォーリアを突き放し完勝。昨年2着の雪辱を果たし、JBCスプリント初制覇となりました。

 昨年に続いての連覇を狙ったコーリンベリーは3着、地方所属馬の期待を背負い、2番人気の支持を集めたソルテ(大井)は6着という結果でした。地方競馬所属馬では、サトノタイガー(浦和)が5着に入線し、最先着を果たしました。

 レース 1_3_1 注目の先行争いを制したのは、ダノンレジェンド

 レース 2_2_1 終わってみれば、後続に3馬身の差をつけての完勝

 第16回JBCスプリント(JpnⅠ) 結果

 レース後は、勝利を噛みしめるかのように馬場をゆっくりと周回し、ウィニングラン。

 ウィニングラン_2_1 ウィニングラン 2_1_1 ウィニングラン 3_1

 表彰式:ミルコ・デムーロ騎手_1 通訳なしでインタビューに応える、ミルコ・デムーロ騎手

 表彰式:村山明調教師_1 管理する村山明調教師

 表彰式:谷桃子さん_1 プレゼンターは、川崎競馬イメージキャラクターの谷桃子さん

 関係者のみなさま、おめでとうございます。

 口取り 表彰式:賞金授与 2_1_1 表彰式:記念撮影_1_1

                              





ダノンレジェンド [牡6]  JRA栗東 村山明厩舎

 父:Macho Uno
 母:My Goodness(母の父:Storm Cat)
 生産者:米国・Colts Neck Stables
 馬主:(株) ダノックス
 通算成績:30戦14勝(2016年11月3日現在)

■レース後のコメント

・戸崎圭太騎手(ベストウォーリア 2着)

「テンが速くて予定よりひとつ後ろからの競馬になった」


・松山弘平騎手(コーリンベリー 3着)

「大外枠が痛かったですね。コーナー4つでも最後まで集中して走れていました」


・C・ルメール騎手(レーザーバレット 4着)

「ペースが速かった。直線も反応良かったが前が強かった」


・吉原寛人騎手(ソルテ 6着)

「速い流れで久しぶりに番手からの競馬になりました。ショックな結果です」


・真島大輔騎手(プラチナグロース 8着)

 「左回りよりも、右回りの大井コースの方が向いている馬。次走改めて期待したい」


・笹川翼騎手(バーンザワールド 9着)

 「最近は千五千六で走ることが多かったみたいだし、このメンバーでは流れも速くて厳しかったけど、それなりに付いていって、道中いい脚を使ってくれていまた。最後はさすがに脚色が一杯になってしまったけれど、馬の状態は今までで一番良かったし、頑張ってくれていたので、自己条件に戻れば十分やってくれる手ごたえを感じました」

 
画像協力(口取り):若松 亮太 様

         
  1. 2016/11/08(火) 10:30:00|
  2. JBC川崎のまとめ

【JBC川崎のまとめ】 第6回JBCレディスクラシック(JpnⅠ)

牝馬ダートの女王決定戦となる第6回JBCレディスクラシック(JpnⅠ)。
JRA6頭、南関東6頭、岩手、高知からそれぞれ1頭のフルゲートで行われました。
1番人気は連覇を狙うJRAのホワイトフーガ。
2番人気から5番人気もJRA勢が支持を集めてのレースとなりました。

 生ファンファーレ_1_1レース前の生ファンファーレ

スタートしてブルーチッパーが果敢にハナを主張するも、レッツゴードンキもこれに続き、馬群は一団で向正面へ。

 レース 1_2_1 1周目のゴール前

 レース 2_1_1 果敢に先行するブルーチッパー

 向正面に入ってからも、ブルーチッパーが引っ張りますが、レッツゴードンキ、ホワイトフーガらがピタリとつけ、3コーナーへと入ります。

 直線に入ると、レッツゴードンキとホワイトフーガが後続を引き離し、一騎打ちの様相となりますが、直線半ばでホワイトフーガがレッツゴードンキを突き放し優勝。昨年に続き、連覇達成となりました。

 地方馬は、8連勝で駒を進めたトーセンセラヴィ(浦和)が3着と健闘。逃げたブルーチッパーは6着という結果でした。

 レース 3_1_1

 第6回JBCレディスクラシック(JpnⅠ) 結果

 ウィニングラン_1 連覇を達成したホワイトフーガ

 表彰式:蛯名正義騎手 2_1 鞍上の蛯名正義騎手は、再コンビを組んでこれで重賞2勝目

 表彰式:高木登調教師_1 管理する高木登調教師

 表彰式:鈴木淑子さん 2_1 表彰式のプレゼンターと務めたのは、鈴木淑子さん

 関係者のみなさま、おめでとうございます。

口取り 表彰式:賞金授与 2_1 表彰式:記念撮影_1

                             





ホワイトフーガ[牝4] JRA美浦 高木 登 厩舎

 父:クロフネ 母:マリーンウィナー(母の父:French Deputy)
 生産者:梅田牧場(北海道浦河郡浦河町)

 馬主:西森 鶴 氏
 通算成績:16戦8勝(2016年11月3日現在)


■レース後のコメント

・岩田康誠騎手(レッツゴードンキ2着)

「スタートで滑ってしまったがピードでいい位置に付けられた。初めてのダート戦出走でしたが、血統もダート向きだし、今後の視野が広がったと思います」


・森泰斗騎手(トーセンセラヴィ 3着)

 「勝ち負けを意識して乗ったので、この結果は非常に悔しい。もう少し前に行きたかったけど、スタートが今ひとつだったし、周りの馬が早かったので、取りたかった位置よりも後ろになりました。でも初めての重賞レースで食らいついていたので、この経験を積んで、次からはワンランクアップできるのでは。ただ、この馬でこれだけ上位と離されてしまったのは、非常に残念です。上位の馬は強いですね」


・田辺裕信騎手(タマノブリュネット4着)

「テンのダッシュ力がそうあるわけではないので後方からになってしまいました。この馬の持ち味が出る距離ではなかったですが、最後までまでしぶとく脚を使ってくれました」


・荒山勝徳調教師(ブルーチッパー 6着)

 「今日はゲートの出が悪かったし、行き脚もついていなかった。自分のレースの形に持ち込めば何とかなるのでは思ったが、レッツゴードンキに早めに来られてしまった分、苦しくなった。もうちょっとやれる馬なので、今後巻き返したい」


・C・ルメール騎手(タイニーダンサー7着)

「古馬とのレースでちょっと厳しかったかもしれません。止まってしまいました」


・浜中俊騎手(アムールブリエ9着)

「地力を期待しましたが、この馬の距離ではなかったですね」


・的場文男騎手(リュウグウノツカイ 11着)

 「今日は相手が強かったけど、この馬はまだまだ良くなる余地があるよ。次はいいレースをしたいね」


画像協力(口取り):若松 亮太 様 

    
 
  1. 2016/11/08(火) 10:00:00|
  2. JBC川崎のまとめ

11月3日 第16回ダートの祭典JBC

   
JBC告知

開門 9時30分(予定)


第16回JBCクラシック(JpnⅠ)  枠順

第16回JBCスプリント(JpnⅠ)  枠順

第6回JBCレディスクラシック(JpnⅠ)  枠順 


耳目社JBC実況アナウンサー3

【実況アナウンサー(耳目社)】
・JBCクラシック  山中寛アナウンサー
・JBCスプリント  大川充夫アナウンサー
・JBCレディスクラシック  泉悠介アナウンサー


【JBC当日の各競馬場等でのイベント】


【「JBC競走」レース中継番組&特別番組のご案内】


【川崎競馬場場内案内&グルメマップ】


【「カツマルくんJBCへの道」カテゴリー別まとめ】

150日前からスタートした当ブログでは、JBCまでの道のりや、川崎競馬攻略や誘導馬紹介、川崎競馬の楽しみ方などをご案内しています。
読みたい記事が見つけやすくなりました!

  1. 2016/11/03(木) 11:11:11|
  2. スペシャル

いざ、JBC! 本日は晴天なり

さあ、ついにJBC当日がやって来ました。
昨晩の雨も上がって、爽やかな陽気です。


(画像をクリックすると大きくなります)

161103当日  161103当日3
決戦の舞台となる川崎競馬場。
気温は14度(10時現在)。

161103当日4
栄光のゴールを目指します。


161103お出迎え1  161103お出迎え4

161103お出迎え3  161103お出迎え2
開門すると誘導馬ビービートルネードとトライアンフトーチがお出迎えをしました!
KBS京都の競馬展望プラス出演の稲富菜穂さんもいらっしゃっていましたよ。



JBC仕様8  161103JBC2 

161102JBC仕様2  161103JBC.jpg

川崎競馬場内はJBC一色。


161103JBCラッピング宣伝カー「デコレンタ」
JBCラッピング宣伝カー「デコレンタ」も街を走りました。


161102JBC仕様7
JR川崎駅

161102JBC仕様1
京急川崎駅

161102JBC仕様10  161102JBC仕様9
横浜駅

161102JBC仕様8
車内の中吊りもJBC仕様です。


161103当日3

カウントダウンと共に各場で書かれたJBC応援メッセージボードも掲示されています。


161103当日5
馬場状態は現在 「重」

いざ、JBC!

    
  1. 2016/11/03(木) 10:00:00|
  2. スペシャル
前のページ 次のページ

プロフィール

カツマルくん

Author:カツマルくん
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

【第16回JBC競走】
開催日 : 2016年11月3日(祝・木)
開催場 : 川崎競馬場
競走概要 : 昼間開催
JBCクラシック(2,100m)
JBCスプリント(1,400m)
JBCレディスクラシック(1,600m)

関連リンク



■JBC特設サイト■


■川崎競馬公式サイト■


■川崎競馬倶楽部■


■JBC競走Facebook■


■楽天競馬Facebook■  


■カツマルくんFacebook■


■カツマルくんTwitter■

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カツマルくん (16)
JBC出走予定馬 (1)
JBCへの道 (52)
ピックアップJBC (8)
JBC攻略法 (15)
川崎競馬の楽しみ方 (19)
過去のJBC (5)
川崎競馬グルメ (15)
愛しの誘導馬 (11)
あなたのJBCストーリー (4)
Jの栄冠 (3)
スペシャル (6)
JBC関連イベント (23)
JBC開催のお知らせ (8)
その他 (0)
JBC川崎のまとめ (7)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。